本文へスキップ

一般社団法人 日本繊維技術士センター(JTCC)は、国家資格である技術士(繊維部門)が、その専門能力を相互に継続研鑽し、繊維産業の発展に寄与することを目的に活動している団体です。


〒541-0051 大阪市中央区備後町3-4-9
輸出繊維会館内6階

TES受験講習会

 繊維製品品質管理士(Textiles Evaluation Specialist=TES)は、昭和56年度に通商産業省の告示(平成9年12月18日廃止)に基づいて生まれたもので、消費者に供給される繊維製品の品質・性能の向上を図ったり、繊維製品の品質について消費者からクレームが出ないように、それらの製品の製造や販売を行う企業のなかで活躍するスペシャリストです。繊維製品の企画・設計から消費に至る各段階で発生する品質上の諸問題を解析し、品質向上に寄与することを役目として期待されています。

TES受験講習会のご案内

 TES試験は年1回(7月9日(日))に実施され5科目からなります。
  T.繊維に関する一般知識(択一式、60分)
  U.家庭用繊維製品の製造と品質に関する知識(択一式、60分)
  V.家庭用繊維製品の流通・消費と消費者問題に関する知識(択一式、60分)
  W.苦情事例の解析(記述式、60分)
  X.論文(記述式、60分)
*合格科目は、その後3年間は持ち越すことができるので、4年間で5科目に合格すればTESの資格を取得することができます。

<JTCC受験講習会の特徴>
1) TES本試験の対象となる全領域について、各分野の専門技術士が担当して講義を行います。難関とされる事例解析と論文の指導を特に充実させるべくカリキュラムを編成しています。
2) 全講義が終了した後に、本試験と同じ要領で模擬試験を行い、解説と添削指導を行います。
3)主に4月〜6月の土曜日を利用して7日間にわたり受講。毎回9時30分から17時まで。
4)受講料は全コースの場合は\52,500で、コース別に受講料を設定しています。
5)講習会に使用するJTCCテキストは講座第1日目にお渡しします。日本衣料管理協会発行の教本は必要に応じて各自で購入て下さい。
6) JTCCのホームページからも申し込みできます。各会場とも先着順で締め切らせていただきます。入金を確認次第、受講票をお送りします。
7)東京、名古屋、大阪で講習会を開催します。

 日 時 名古屋会場:2023年3月11日〜6月17日の土曜日(合計6回)
オンライン会場:2023年4月15日〜5月27日および6月10日の土曜日(合計7回)と
        6月以降の個別指導1回
大阪会場:2023年4月1日〜5月20日の土曜日と6月10日の日曜日(合計7回)
場 所 名古屋会場:ウイルあいち(愛知県女性総合センター)または、通信制
オンライン方式:ライブ配信(Microsft Teams)
大阪会場:
大阪産業創造館(対面式のみ)
申込み
詳細
名古屋会場     ⇒ ここをクリック
オンライン会場   ⇒ ここをクリック
大阪会場     ⇒ ここをクリック