本文へスキップ

一般社団法人 日本繊維技術士センター(JTCC)は、国家資格である技術士(繊維部門)が、その専門能力を相互に継続研鑽し、繊維産業の発展に寄与することを目的に活動している団体です。


〒541-0051 大阪市中央区備後町3-4-9
輸出繊維会館内6階

TES受験講習会

 JTCCではTES試験を受験される方を対象に「TES受験講習会」を開催し好評を得ています。今年も下記の要領で開講いたしますのでご案内申し上げます。TES(Textiles Evaluation Specialist:繊維製品品質管理士)とは、昭和56年に通産省の告示によって生まれたものであり、繊維製品の企画・設計から消費に至る各段階で発生する品質上の諸問題を解析し、品質向上に寄与することを役目として期待されています。
<TES試験の内容>
  TES試験は年1回、(2021年度は7月11日(日)の予定)に実施され、
 5科目からなります。
 T.繊維に関する一般知識(択一式、60分)
 U.家庭用繊維製品の製造と品質に関する知識(択一式、60分)
 V.家庭用繊維製品の流通・消費と消費者問題に関する知識(択一式、60分)
 W.苦情事例の解析(記述式、60分)
 X.論文(記述式、60分)
  *合格科目は、その後3年間は持ち越すことができるので、
   4年間で5科目に合格すればTESの資格を取得することができます。

令和3年度 TES受験講習会(名古屋会場・対面/通信制)のご案内

JTCCのTES受験講習会の特徴
1)業種・業務や経験など多様で幅広い受講者のニーズ・期待に対応すべく、今回テキストを改訂・新訂しました。講義で合格に必須な知識と「型」を習得し、自習・復習で実力を涵養する。難関とされる事例解析と論文の指導を特に充実させるべくカリキュラムを編成しています。全講義が終了した後に、本試験と同じ要領で模擬試験を行い、解説と添削指導を行います。
2)3月6日〜4月3日の土曜日と5月29日,6月12日の土曜日を利用して6日間にわたり、毎回9時30分から17時まで。
3)講習会に使用するJTCCテキストは3月上旬に各位に配布(送付)します。
4)添付の申込書を使い、JTCCのホームページからもしくはファックスでお申込み下さい。
対面式は先着20名、通信制は先着25名をもって締め切らせていただきます。申し込み受付後、受講票をお送りします。
5)オンラインでも講習会を催しています。詳細はホームページをご参照ださい
 問合せ先:Tel;06-6484-6506  e-mail:  
講習会ではJTCC編纂のテキストを使用します。このテキストは3月上旬に配布(送付)します。(費用は受講料に含まれています。)
参考書としての日本衣料管理協会の教本は下記の通りです。
★印は各自、日本衣料管理協会のホームページより購入をお勧めします。
 申込み宛先:(社)日本衣料管理協会 Tel. 03-3437-6416 Fax. 03-3437-3194
 住所:〒105-0011 東京都港区芝公園2-11-13-205
 繊維製品の基礎知識シリーズ(新版)  \ 5,610
 ★繊維製品の品質問題究明ガイド
 -消費者苦情の原因究明・再発防止策-(2分冊)
 \ 4,180
 ★試験問題集(註:過去3年分の問題と解答)  \ 1,980
スケジュール
 日 時 名古屋会場:令和3年3月6日〜4月3日の土曜日および5月29日,6月12日の土曜日
(6日間)
月 日  テーマ 改訂ポイント  時間割
第1日
3月6日
(土)
【T】-1 繊維の種類と性質
【T】-2 糸の種類・製造・性質
【T】-3 布地等の種類・製造・性質
【T】-4 染色加工
 基礎科目講座 9:15-
16:50
第2日
3月20日
(土)
【U】-1 衣料品の企画・設計
【U】-2 衣料品の製造
【U】-3 衣料品の品質要求項目と消費性能
【U】-4 人体の生理機能、自然環境条件と衣服
【U】-5 繊維・糸・製品の試験方法
【U】-6 品質管理と品質保証
【V】-1 消費者行動と調査方法
【V】-2 消費者問題と消費者政策
 基礎科目講座
9:30-
16:50


第3日
3月27日
(土)
 
【V】-3 経済の変化と衣料の流通
【V】-4 衣料品の消費と消費者苦情・環境
     問題
 基礎科目講座 9:30-
16:50
 
 【W】-1 苦情事例解析
  (1)繊維製品の品質苦情を解決するために
   1.繊維製品の品質苦情の発生原因 2.手順
【W】-2 品質苦情事例
  (1)損傷
  (2)外観・形態変化
  (3)風合い変化、光沢変化
  (6)安全・衛生
  (7)表示の不適正
 苦情事例解析
第4日
4月3日
(土)
 
【W】-2 品質苦情事例
  (4)色の変化
  (5)加工の機能性低下

【X】論文の書き方・論文作成演習
  (1)文章の書き方
  (2)論文作成演習
 苦情事例解析



論文作成


9:30-
16:50
 
第5日
5月29日
(土)
【Y】模擬試験
T.基礎科目1
U.基礎科目2
V.基礎科目3
W.事例解析
X.論文
 模擬試験 9:30-
16:00
第6日
6月12日
(土)
【Z】フォローアップ
T.基礎科目1
U.基礎科目2
V.基礎科目3
W.事例解析(損傷、外観、形態、色、その他)
X.論文
総括
 模試解説 9:30-
16:20
講師プロフィールなどの詳細 ⇒ ここをクリック
会場
ウイルあいち(愛知県女性総合センター) 視聴覚室
  〒461-0016
    名古屋市東区上堅杉1番地
       TEL: 052-962-2511
  地下鉄:「市役所」駅 2番出口から東へ徒歩10分



TES受験講座会場型講習会を開催するに当たり、下記のコロナ感染防止対策を講じて実施します。
ご理解とご協力をよろしくお願いします。
 講義会場内では、講師、スタッフ及び受講者はすべて マスクを着用して下さい。
(1)受講生受付時
 @入室時、受付で 検温並びに体調の確認を行い、結果を記録します。(記録は主催者で行います。)
  a) 37.5℃以上に人は受講させない。
  b) 37.5度以上でなくても、咳、くしゃみ、喉頭痛、全身痛などの症状のある方は受講をお断りする。
  c) 同居家族で a)及びb)の方は受講をお断りする。
 A入室時、入口に置いてあるアルコール消毒液で手指消毒を行ってください。
  ・アルコール消毒液はウイルあいち入口及び会場の視聴覚室入口にあります。
(2)講習中
 @講師・スタッフ・受講生ともにマスクを着用下さい。
  講師については、フェイスマスクかマウスマスク着用で講義を進めます。
 A密にならないように、会場の座席位置は指定します。
  必要あれば、透明アクリル遮蔽板を設置します。
 B昼の休憩時、会場で食事をされる場合、会話はしない、向かい合っての食事は避けて下さい。
(3) 会場の設備・備品他
 @会場の視聴覚室は、施設の全体管理で換気構造になっています。
 A講習会開始前に演台、机、ドアノブなど会場消毒を行っています。


受講料
コース 試験科目T〜X 費用 
A
標準コース TUVWXYZ 対面50,000円
通信40,000円
B 事例・論文コース WXYZ 対面30,000円
通信26,000円
C 基礎科目コース 
T.基礎科目:T,Y,Z
U.基礎科目:U,Y,Z
V.基礎科目:V,Y,Z
1科目
ごとに
対面10,000円
通信7,000円
D 事例コース W,Y,Z 対面20,000円
通信17,000円
E 論文コース X,Y,Z 対面20,000円
通信17,000円
申込み方法
以下の受講申込みフォームボタンをクリックしてお申し込みください。
(氏名、会社名、住所、TEL、FAX、E-mail)


受講申込みフォーム

あと、FAX:052-204-1469(JTCC東海支部)への申込みも受け付けています。
TES受講案内書と申込書を印刷される方 ⇒ ここをクリック
申込締切:対面式は先着20名、通信制は先着25名をもって締め切らせていただきます。
受講料金は次の郵便振替口座にお振り込み下さい。
郵便振替口座番号:00990−6−134918
口座名:JTCC教育活動委員会 
                                     以