教育活動

アパレル製品の基礎知識講座

JTCC教育講座の年間計画概要に戻る

「アパレル製品の基礎知識」講座(大阪会場)

JTCCでは繊維関連の業務を担当しておられる幅広い方々に、今年度も下記要領にて「アパレル製品の基礎知識」講習会を開催しますので、多数の方々に参加いただきますようにご案内申し上げます。
大阪、東京、名古屋で開講を計画しています。

  1. 講座の主旨

    縫製やアパレル製品に関連する営業、企画、生産管理、技術、試験、品質管理、クリーニングなどに携わる皆さまに、アパレル製品に関する基礎的かつ実用的な知識を習得して、業務に役立てていただく。

  2. 講座の主な内容    
    以下の項目に関し、JTCCで作成するテキストをベースにして講義を行い、また適宜サンプルや写真を用いて解説します。講師は、JTCC所属の各専門分野の技術士が担当します。

  3. Ⅰ.衣服材料の基礎
    ①繊維、糸の種類・製造・性質
    ②織物、編物の種類・製造・性質
    Ⅱ.染色加工の基礎
    ①染料と染色工程
    ②仕上げ工程
    ③機能加工
    Ⅲ.繊維製品の二次加工とその注意点
    ①顔料プリント、昇華プリント
    ②熱転写マーク
    Ⅳ.衣服材料の検査と試験
    ①繊維製品の品質管理の目的
    ②材料の検査と試験
    Ⅴ.アパレル製品の商品化プロセス
    ①アパレルの商品企画からマーキングまでの流れと要点
    ②副資材(裏地、芯地)
    Ⅵ.縫製仕様書  
    ①縫製仕様書とは
    ②縫製仕様書のみかたと留意点
    Ⅶ.縫製工程の概要(1)、(2)
    ①縫製準備工程
    ②縫製工程と仕上げ工程
    Ⅷ.代表的な縫製欠点
    ①縫製欠点の種類
     ②発生原因と処置・対策
    Ⅸ.アパレル製品の試験と検査
    ①生産ロットと検査
    ②初期量産品の検査と項目
    ③製品の試験・検査
    ④量産品における試験・検査の実務
    Ⅹ.海外工場監査と評価(CSRを含む)
    ①監査の種類と目的
    ②監査の重要性
    ③評価の項目
    Ⅺ.表示等の関連法規
    ①家庭用品品質表示法(繊維の組成、新JIS取扱い表示、はっ水)
    ②サイズ表示(日本工業規格)
    ③不当景品類及び不当表示防止法(機能性表示、原産国表示)
    ④医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
    (略称:医薬品医療機器等法、旧:薬事法)
    ⑤各種不適正表示に関する質疑応答
    Ⅻ.衣料品の苦情事例解析実習
    ①消費者苦情品の事例研究
           (4~5名/班に分かれて原因、再現試験方法、再発防止のための予防・是正処置を討論)
    ②班毎の発表と質疑応答および事例解説
     
  4. スケジュール
  


 (1)基本コース(3日間)A講座・B講座 ・C講座
   衣服材料および染色加工の基礎から学びたい方に最適なコースです。
 (2)選択コース(2日間)B講座・C講座
    衣料材料および染色加工の基礎を学んだことのある方に適したコースです。
  お申込みの際は、基本コース(3日間)、あるいは選択コース(2日間)のいずれかをお選び
ください。




  4.会 場
     大阪産業創造館 5F研修室B (〒541-0053 大阪市中央区1丁目4番5号)  
      


  5.受講料  
     ①基本コース(3日間):A講座・B講座・C講座・・・¥28,000(含む消費税)
     ②選択コース(2日間):B講座・C講座 ・・・¥22,000(含む消費税)
     (学生は受講料を割引きます)

  6.定員 91名

  7.申込み方法
    下段の申し込みボタンをクリックしてお申込み下さい。(氏名、会社名、住所、TEL/FAX/MAIL)
    なお、パンフレットの申し込み書式をご利用の場合は、パンフレット記載のFAX番号へご送信下さい。
    申込み期限:12月30日
     尚、定員に達した時点で受付終了させて頂きます。
 
  8.受講料のお支払方法
    下記の郵便振替口座へお振込み下さい。
       口座番号:00990-6-134918 加入者名:JTCC教育活動委員会

  9.お問合せ先
    〒541‐0051 大阪市中央区備後町3丁目4番9号 輸出繊維会館 6階
           一般社団法人 日本繊維技術士センター(JTCC)
            電 話:06-6484-6506   FAX:06-6484-6575



申し込む
ページの先頭へ