JTCCについて

活動・事業計画

一般社団法人 日本繊維技術士センター(JTCC)の活動

JTCCは、技術士法に基づく国家試験に合格した技術士(主として繊維部門)を中心とした団体です。 JTCCは、繊維ビジネスに携わる関係者への教育活動や、繊維関連中堅、中小企業に対する技術支援活動を通じて、日本の繊維産業の発展に貢献します。
JTCCには、紡糸から紡績、製布、染色加工、アパレルなどの繊維二次製品までのすべての分野をカバーする繊維技術士が揃っており、このほかに関連部門や総合技術監理部門の技術士も参加しています。
JTCCは、産業界や関連の学会、協会との交流を通じて、常に会員のレベルアップに努めています。


平成29年度(一般社団法人第9期)事業計画

基基本理念
1.教育活動、技術支援活動を通じて、我国繊維産業の活性化に貢献する。
2.技術立国を担う技術士集団として、資質の向上に努める。
平成28年度の事業計画の実行結果を総括し、新たな計画に基づいて諸活動の活発化を図る。1.教育活動
(1)技術士活動や試験制度を説明するオープンセミナーや企業訪問を今年度も大阪、東京、名古屋、福井地区で行い、技術士挑戦者の増加を図る。
(2) 技術士受験講習会、TES受験講習会、繊維ベーシック講座、高機能繊維講座、アパレル製品基礎講座などの講習会および講座の一層の拡充と開催地の拡大を目指す。また、新規教育企画にて繊維業界の幅広いニーズに応えるため、講師陣の増強にも努める。
(3)企業、団体、大学等への各種の出張講義を継続するとともに、新たなニーズを発掘する。
2.技術支援活動
(1) 国内の企業およびその関連海外工場に対する技術および生産管理の支援、さらには省エネ指導および工場診断等を行い、我国繊維産業のグローバルな発展に寄与する。
(2)環境省・経済産業省や国内企業が進める地球温暖化防止対策に参画し、温暖化防止の一助とする。
3.技術情報および技術交流
(1)情報収集・情報発信の拡大のために、魅力ある講演会を企画し、講演会参加者の増加を図るとともに、他分野の技術士との交流を図る。
(2)書籍出版などによる新しい情報発信を進め、繊維業界の発展に貢献する。
4.広報活動
JTCCホームページおよび会誌「JTCCインフォメーション」の拡充を図り、JTCCの活動を繊維業界へ積極的に広く発信する。
5.JTCCの基盤強化
(1) JTCCの多くのメンバーが利用する文書類をクラウドで管理することを試行する。
(2) 企業内技術士交流会や”サロンegg”(女性・若手技術者を中心とした集まり)の一層の活発化を図り、将来を見据えた課題検討チームを立ち上げて、JTCCを担う次世代を育てる。
6.関係諸団体等との連携
日本技術士会、繊維系3大学、繊維関係3学会、日本衣料管理協会、日本繊維産業連盟等との連携を強化し、繊維業界の発展に共に尽力する。
7.JTCC関係者相互の協力による全体の活性化
 JTCC会員は勿論、賛助法人会員、客員、協力会会員、会友など多くの関係者の協力を得て活動全体の円滑な遂行に努めるとともに、諸行事を通じて会員相互の交流を活発化する。
  

※JTCCの年間行事を確認したい方は、下のボタンをクリックしてください。

JTCC年間行事を見る
ページの先頭へ