JTCCについて

活動・事業計画

一般社団法人 日本繊維技術士センター(JTCC)の活動

 JTCCは、技術士法に基づく国家試験に合格した技術士(主として繊維部門)を中心とした団体です。 JTCCは、繊維ビジネスに携わる関係者への教育活動や、繊維関連中堅、中小企業に対する技術支援活動を通じて、日本の繊維産業の発展に貢献します。
 JTCCには、紡糸から紡績、製布、染色加工、アパレルなどの繊維二次製品までのすべての分野をカバーする繊維技術士が揃っており、このほかに関連部門や総合技術監理部門の技術士も参加しています。
JTCCは、産業界や関連の学会、協会との交流を通じて、常に会員のレベルアップに努めています



令和元年度(一般社団法人第11期)事業計画

<基本理念>
1. 教育活動、技術支援活動を通じて、我国繊維産業の活性化に貢献する。
2. 技術立国を担う技術士集団として、会員の資質の向上に努める。
<事業計画>
1.教育活動
(1) 技術士受験講習会、TES 受験講習会、繊維ベーシック講座、高機能・高性能繊維講座、
   アパレル製品基礎講座などの講習会や新規講座の開催と開催地の拡大を目指す。技術士活動や
   試験制度さらにはJTCCの各種講習会の説明を行う機会を増やすために企業訪問を行う。また
   大阪、東京、福井でオープンセミナーを行う。
(2) 企業、団体、大学などへの各種出張講義を継続しつつ、新たなニーズを発掘する。

2.技術支援活動
(1) 国内中小企業が抱える技術課題解決や新製品開発への協力、企業の後継者の育成教育など
   支援企業の活性化を図る。オープン相談会を企画して窓ロの拡大を図る。 
(2) 経済産業省が進める海外事業支援や国内繊維関係企業の海外事業展開に協力して、繊維関係の
   技術教育や指導を行い、我国繊維産業のグローバルな発展に寄与する。
(3) 経済産業省や環境省、大阪府、さらには国内企業が進めるCO2削減対策の各種プロジェクトに
   参画し、地球温暖化防止への一助を果たす。JTCC の調査チームを増強する。

3.技術情報発信と技術交流
(1) 魅力ある講演会や見学会を企画し、技術情報発信の充実と参加者の増加を図る。また、
   染色加工同業会、化学部会・環境研究会などとの共同企画により会員間の技術交流を図る。
(2) 技術情報を積極的に収集する。(ITMA2019、AI関連、学会やセミナー)
(3) 過去の情報ファイルを電子化する。

4.広報活動
 JTCCホームページおよび会誌「JTCCインフオメーション」の拡充を図り、ホームページ作業/ 維持体制
 の再構築を行う。

5.JTCCの基盤強化
(1)JTCCの多くのメンバーが利用する文書類をホームページおよびクラウドによって共有することを
   検討する。
(2) 「フェスタ’19 JTCC」、企業内技術士交流会や“サロンegg”(女性・若手技術者の集まり) の開催
   を通じて一層の活発化を図る。将来を見据えた課題検討チームの討議は継続する。
(3) 企業接点強化部会を組織化して企業への発信を積極的に行う。

6.関係諸団体などとの連携
 日本技術士会、繊維系3大学、繊維関係3学会、日本繊維産業連盟、日本衣料管理協会などとの連携を 
 強化し、繊維業界の発展に共に尽力する。

7.JTCC関係者相互の協力による全体の活性化
 JTCC会員はもちろん、賛助法人・団体会員、客員、会友、協力会員など多くの関係者の協力を得て
 諸活動の円滑な遂行に努めるとともに、「フェスタ’19 JTCC」などの諸行事を通じて会員相互の交流を
 活発に行う。


  

※JTCCの年間行事を確認したい方は、下のボタンをクリックしてください。

JTCC年間行事を見る
ページの先頭へ
HOME